大倉崇裕

【オチケン、ピンチ!】大倉崇裕

オチケン、ピンチ!
大学入学早々、部員はたったの2人、廃部寸前の落語研究部に、
名前が「オチケンだから」と入部させられた、越智健一。
浮世離れした落語の天才・岸と、武道の達人で美青年の中村、
2人の先輩にいいように振り回され、バラ色の学生生活はおろか、単位も危うい有様。
前作「オチケン!」に続き、またまた事件発生! どうなる、越智健一〜!!

大学内で起きる、お気楽でバカバカしい事件。ミステリー仕立てです。
岸のおとぼけぶり、中村の傍若無人ぶり、
そこに巻き込まれ型の越智が加わったオチケントリオ、
ほのぼのした気持ちで、難?事件解決を楽しめます。
落語のネタも、それとなく挟みこまれ、くふふと笑わせてくれます。

うっかり前作「オチケン!」があることを知らず、続編から読んでしまいました。
オモシロかったので、「オチケン!」も読まなきゃ〜 ちゃんちゃん! ^_^;;
(2009.6月23日読了)

大倉崇裕

コメントをどうぞ  |  トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/07/post-1530.php/trackback

【無法地帯】大倉崇裕

無法地帯
推定400万円、途方もない値段がついた30年前のプラモデル。
「幻の?」をめぐって、怪獣好きのヤクザ、コレクターの私立探偵、
モラル不在のオタクたちが争奪戦をくり広げる。

一般人には、はかりしれないオタクの世界観が、リアリティーたっぷりに語られます。
それもそのはず、作者の大倉氏自身が、筋金入りのマニア歴35年。
表紙の怪獣フィギュアは、作者自身の作品。
奥付でコレ↑を見つけた時は、ラストのどんでん返し以上に唸ってしまいました。
(2009.5月16日読了)

大倉崇裕

コメントをどうぞ  |  トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/05/post-1558.php/trackback