NHK ETV特集 取材班

【ホットスポット ネットワークでつくる放射能汚染地図】NHK ETV特集取材班

ホットスポット ネットワークでつくる放射能汚染地図

NHK・ETV特集で昨年放映された「ネットワークでつくる放射能汚染地図」の記者たちが番組制作の裏側を語る。

この番組の放映は、5月15日・日曜日だった。福島第一原子力発電所の事故から2ヶ月が経った頃である。
この番組が放映されるまで、これほどはっきりとした放射能汚染の測定値は、メディアに上がっていなかったと思う。
だから、この番組を見たとき、「ついに出たか」とテレビにかじりついた。この放送の翌週から、他のテレビ番組で扱われる放射能汚染の数値に関する内容も大きく変わっていったような覚えがある。

今思えば、あれだけ情報が出てこなかったのは、異常だったと思う。
科学技術の発達した国、安全管理の行き届いた国に住んでいると思っていたのに。

今年の春この本を見つけたときは、あの状況下、スタッフがどのようにしてあの番組の放映までたどり着いたのか知りたくて、即購入。
それから4ヶ月たった今、こうして感想を書いていると、大飯原発再稼働が信じられないような思いがする。
原発ゼロがすぐ出来るとは思わないけれど、あまりに簡単すぎないだろうか。

3万羽の鶏を失ってしまった養鶏農家の人、五代も続いた馬の育成牧場を諦めた父子、飯館村の農家の青年、高濃度汚染地帯に取り残されていた、避難者の人たち。
あのとき番組で見た人たちのことを思い出すと、もっと考えなくてはいけないことが、たくさんあるはずだと改めて思う。

(2012.3月5日読了・7月7日再読)

NHK ETV特集 取材班

コメントをどうぞ  |  トラックバックURL:http://kalapanic.com/2012/07/post-2061.php/trackback