貴志祐介

【新世界より 上・下】貴志祐介

新世界より 上新世界より 下
神栖66町は、八丁標に囲まれた利根川流域にある七つの郷から成る。
自然豊かで安全な環境で、幸せに過ごす子どもたち。
子どもたちは、やがて12歳前後を境に「呪力」を得て、大人になってゆく。

現在の文明が滅んだ後、生き残った人々の世界。
新世界の設定が詳細に描かれているため、前半の展開は緩やか。
後半は、次から次へと起こる危機と破滅に一気読み。
子どもから見た平和な世界が、実はどういうシステムによって維持されているのか。
それが知りたくて、上下巻1000ページ、ものすごい勢いで読んでしまいました。

もっとご紹介したいのですが、ここまでとしておきます…!!
これからお読みになる方、  ご堪能あれ!
(2008.12月10日読了)

貴志祐介

3件のコメント  |  トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/12/post-1604.php/trackback