霞流一

【ロング・ドッグ・バイ】霞流一

ロング・ドッグ・バイ
1年前にこの世を去った、町の英雄犬レノをめぐり、最近おかしな事件が起きている…
レノが霊となってかえってきたのだろうか。
噂が広がっていくなか、町の犬たちが、事件の解明に乗り出した。

犬って、ホントは、こんなこと考えて、こんなこともやっているんじゃない!?と
思わされてしまう。犬の描写がお見事!!!
夜中にこっそり犬たちが集結するところ、どうやって家を抜け出すのか???
このへん、本筋の謎解き以上に、キョーミシンシン、楽しめます。
探偵犬アローと、義理堅く事件に関わるボンタ、プロフェッショナル集団G8の面々。
情報を集め、行動を起こす彼らが、頼もしく、かわいらしい!

犬好きのためのミステリー。
犬が嫌いな人も、これを読んだら、犬好きになるかも?
おこさまの夏休み読書感想文にも、おすすめです。
(2009.7月8日読了)

霞流一

コメントをどうぞ  |  トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/07/post-1534.php/trackback

【夕陽はかえる】霞流一

夕陽はかえる

殺し屋たちの「東京大戦争」。
決闘の場面は、ショータイム。派手な武器と殺人技。これでもかと噴き出す血しぶき。
謎解きも、こんなのアリ!? な感じだけれど、アリですね、この世界なら。

義理堅く、マジメで、クレージーな殺し屋たちに愛着が湧いていくる。
で、最後の最後、「夕陽はかえる」の一文に、ホロっときてしまう。
バカバカしくて、サービス精神たっぷりの、エンターテイメント。
ミステリーの本筋は、伏線もしっかり、オチもばっちり。
脳みそをカラにして、お楽しみあれ。

霞流一

コメントをどうぞ  |  トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/03/post-1760.php/trackback