桂木 希

【ユグドラジルの覇者】桂木 希

ユグドラジルの覇者

華僑の若き総帥“華龍”、娼街育ちにしてEU経済界の女帝、某巨大財閥をバックに持つ米最大IT企業トップ、そして流浪の一日本人と覆面トレーダーの二人組…。混沌のネット経済界を制するのは誰か―?くせ者たちが火花を散らす、タイムリミットの頭脳戦。(「BOOK」データベースより)

これだけ読んでも、ワクワクしてくる筋立て。
最後に明かされる、鍵を握る人物も、「おお、そうだったか!!」と納得。
設定も筋立ても、充分に面白い。
しかも、ネット経済どころか、株さえ縁のない私にも、ちゃんと分かるように話が進んでいく。スバラシイ。

なのに、何故、勧善懲悪仕立ての結末。
皆イイヤツなんだよ、みたいな説明っぽい部分が、多過ぎるし。
作者が、「人間」を描こうとすればするほど、すっごく陳腐になってくる。

惜しい。
ほんとに、惜しい。
でも、読んでみる価値はある一冊。

桂木 希

1件のコメント  |  トラックバックURL:http://kalapanic.com/2007/11/post-1872.php/trackback