ジェイムズ・P・ホーガン

【星を継ぐもの】ジェイムズ・P・ホーガン

星を継ぐもの

月面の窪みにある洞窟で、5万年前に死亡したと推定される人間が発見される。
彼は一体どこから来たのか?

ラストのスケールの大きさに、ただただ圧倒されます。

かなり固い読み口ながら、登場人物たちは魅力的。
前半で語られる主人公ハント博士の生い立ち、生まれたスラム街から、
その頭脳を武器に、迷うことなく新しい世界へ飛び込んでいく生き様が、
ラストで明かされる「ホモ・サピエンス」という種の歴史そのものに重なっていく。
物理学・生物学などなど、理系の説明満載の謎解き部分は、
正直私には、辛かったのですが、
最後に体験できる空間の壮大さに、痺れました。

推薦してくれたOさん、ありがとう。 この本に出会えて、ラッキーでした。

ジェイムズ・P・ホーガン

2件のコメント  |  トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/06/post-1706.php/trackback