東野圭吾

【新参者】東野圭吾

新参者
東京下町、人形町の古い商店街、甘酒横丁。
Tシャツにシャツを羽織ったラフないでたちの若い刑事が、聞き込みに回っていた。
飄々とした、およそ刑事らしくない様子だが、細かいことまで鋭く目がきく。
小伝馬町のマンションで起きた殺人事件。残された謎のひとつひとつをていねいに解き明かしていく。

第一章 煎餅屋の娘/第二章 料亭の小僧/第三章 瀬戸物屋の嫁/第四章 時計屋の犬
第五章 洋菓子屋の店員/第六章 翻訳家の友/第七章 清掃屋の社長/第八章 民芸品屋の客/第九章 日本橋の刑事

刑事・加賀恭一郎シリーズのなかの一冊。
マンションで殺された三井峯子も、日本橋署に赴任したばかりの加賀も、この古い町の新参者だ。
三井峯子が残していった謎には、各章に登場する人物や家族がもつ小さな秘密が潜んでいる。
誰かを守るための嘘から、人情の篤さが垣間見える。
本筋の殺人事件の謎解きより、周辺の小さな謎を解いていく部分が面白い。
それぞれの店で働く人たちの活き活きした日常が感じられる。
東野圭吾はさいごに読んだ【秘密】があまり好きになれず、もう読むのをやめようかなと思っていたのだけれど、この本は人の感情がまっすぐに書かれていてとても良かった。
店先に刑事が訪れて、会話を始める… 導入部の話の運び方も上手い。
さすが人気作家。
(2011.7月8日読了)

東野圭吾

コメントをどうぞ  |  トラックバックURL:http://kalapanic.com/2012/03/post-2008.php/trackback

【秘密】東野圭吾

秘密
妻と小学生の娘を乗せたバスが崖から転落。
妻の葬儀の日、一命をとりとめた娘が意識をとりもどした。
安堵する平介、しかし、娘の話す言葉は、妻・直子のものだった…

読ませ方がウマい東野圭吾にのせられて、読み進めていくのだけれど、
意識が入れ替わる超常現象と、バス事故の被害者の悲嘆が、噛みあわない。
30代の主婦の意識を持つ小学生というのにも、気持ちが入っていかず。。。

【白夜行】【幻夜】の面白さを求めて東野作品を読んでいますが、いぜん空振模様。
(2009.4月23日読了)

東野圭吾

コメントをどうぞ  |  トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/05/post-1568.php/trackback

【容疑者Xの献身】東野圭吾

容疑者Xの献身
生活のため高校教師に甘んずる天才数学者・石神。
彼の一途な片想いが作り上げた、あまりにも切ない完全犯罪のシナリオ。

緻密に練られたトリック。推理小説としての面白さは、最近では群を抜いている。
「人に解けない問題を作るのと、その問題を解くのとではどちらが難しいかー」
天才数学者・石神と、天才物理学者・湯川の見事な頭脳戦。
そのシナリオは、湯川が想像し得なかった、大きな犠牲の上で完成されていた。

ただ、登場人物に魅力が乏しく、石神の犯罪動機である「純愛」にもピンとこなかった。
同じ東野作品の【白夜行】【幻夜】では純愛を感じられたのですが。
ガリレオシリーズを読むのが、これが初めてだからでしょうか…?
(2008.12月27日読了)

東野圭吾

2件のコメント  |  トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/01/post-1608.php/trackback