【マリアビートル】伊坂幸太郎

マリアビートル
東京発盛岡行き、新幹線〈はやて〉。
息子の復讐を誓った「木村」はターゲットの中学生を探していた。
「七尾」は、頼まれたトランクを盗って上野で降りなければならない。
「蜜柑」と「檸檬」は、八分通り終えた仕事を納めに盛岡へ向かう。
ところが…

【グラスホッパー】をベースにした、アブナイ登場人物たちの2時間半。
膨らむトラブル、積み上る死体…。
伊坂幸太郎の本領発揮、痛快娯楽サスペンス。
【グラスホッパー】が陰なら、こちらは陽だろう。
どいつもこいつも、スゴい性格の持ち主である。
果たして誰が生き残れるのか。できたらあの最悪な中学生には死んでほしいと思いつつ、
ヒヤヒヤワクワクと楽しませてもらった。
東北新幹線の車内で読めたら、さらに面白いんじゃなかろうか。
(2012.4月10日読了)

表紙の装丁が読んだときとは別のものになっていました。
まえの方が好き…だったかな。

伊坂幸太郎

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2012/08/post-2075.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>