【約束された場所で―underground〈2〉】村上春樹

約束された場所で―underground〈2〉
もうひとつの【アンダーグラウンド】
〈1〉が地下鉄に乗って被害にあった人たちの物語だったのに対して、こちらはオウム真理教の教団に属していたひとたちからのインタビューをまとめたものだ。
直接事件に関わった人たちではない。もちろんサリンのことも知らされていない一般信者。
サリンを撒いたことは許せない。
事件後の教団との関わりはそれぞれだが、教団にいたことには後悔していない。
なぜなら、自分を高めるために修行し、より良い世界をつくるために努力を重ねてきた日々は、自分たちにとって、輝いていたからだ。
良く言えば、「純粋」だし、悪く言えば「独りよがり」。
巻末の『河合隼雄氏のと対話』のなかでも書かれていたけれど、
「正義」にはまりやすい「純粋」な人たちほど危うい。
こういうひとたちは、必ず社会の中である一定の割合で存在している。
この人たちの受け皿がなければ、同じような集団は必ずまた発生する。
先日、オウム関連事件の裁判がすべて終了したけれど、この事件の決着はついていない。
それどころか、能力主義がますます高まって、あちら側にいってしまう人が増える可能性が増している。
なんとか「受け皿」をつくっていくか、社会全体の中で彼らが生きられるようにしていく。
でないと、またそういう集団が麻原を生み出して、行き着くところまで行ってしまうかもしれない。

あと、すごく気になった箇所。『河合隼雄氏のと対話』中の村上氏の言葉。
『オウムの人に会っていて思ったんですが、「けっこういいやつだな」という人が多いんですね。はっきり言っちゃうと、被害者のほうが強い個性のある人は多かったです。良くも悪くも「ああ、これが社会だ」と思いました。それに比べると、オウムの人はおしなべて「感じがいい」としか言いようがなかったです。』
自分で自分の「悪」を抱えて生きると、まあ多少悪くはなるんだろう。
それを捨てれば「いい人」になれちゃうのかもしれないけれど、弊害は大きいんだよね。

(2011.7月26日読了)

先日、NHKでやっていた「未解決事件File.02 オウム真理教」、4時間あったんだから、もっと掘り下げてほしかった…。麻原の野心が信者を引きずっていったという結論も、ちょっと浅いんじゃないか。警察の捜査についての取材も甘過ぎだし。
上祐、年取ったね。相変わらずだったけど。

村上春樹

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2012/05/post-2014.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>