【神の子どもたちはみな踊る】村上春樹

神の子どもたちはみな踊る
連作『地震のあとで』 その一〜その六
副題にある「地震」は1995年1月の阪神淡路大震災。
この連作のなかで最も早いものが1999年なので、じっくり熟成されてから書かれたもののようだ。
じんわりと不安に包まれていて、どこか生暖かい感じがする6つの小説。
阪神淡路大震災は、被災地からの距離のせいなのか、自分に影響がどう及ぶか分からない放射能のせいなのか、今回の東日本大震災とは、まるで違う手触りを受けている。
たしかに、この連作からは、当時の匂いが伝わってくる気がした。
この連作のなかで特に分かりにくかったのは、「かえるくん、東京を救う」だ。
かえるくんが地下にいるみみずくんと闘い、東京を震災から守るという話。
主人公の片桐(マジメで地味な信用金庫の融資係)は、ある夜、かえるくんの闘いを助ける。ということになっている。
けれど、闘いそのものが不明瞭だし、片桐がどう助けたのかも、片桐自身がわからない。
でも、なぜか彼らに共感できたような読後感。
みみずくんはなんだったのだろう。みみずくんは確かにいるような気がする。それは人によって違うかたちで現れてくる「みみずくん」なのだろうか。
どこかにいて、どこかで起きたことで、なにかを受けとる。
あらゆる事件や災害がそうであるように。
(2011.7月25日読了)

というわけで、1Q84を解明しようと三冊の春樹本を読んだのですが、
分かったかと訊かれると、まあ何の進展もなかったです。
でも、偶然去年これを読んだことは、なにか価値があったような…気がしています。

村上春樹

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2012/05/post-2013.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>