【ブレイズメス1990】海堂尊

ブレイズメス1990
【ブラックペアン1998】から2年。
世良は、一年半の外部研修を経て、東城大学医学部付属病院に戻ってきた。
海堂尊作品中、もっとも派手な天才外科医・天城雪彦、登場。
世良は、天城をモナコから連れてくるよう佐伯病院長から命ぜられた。
さらに東城大学に連れ帰ったところで、彼の付き人として行動を共にするよう、辞令を受ける。
佐伯病院長の天城へのタスクは、桜宮に心臓手術専門の病院を立ち上げること。
しかし、現在の桜宮に、この病院はないのだ。
何故、この病院は設立されなかったのだろう。作中ではその結論は出てこない。
後に【極北クレイマー】で地域の医療再生のため、綺羅星のごとくに登場する世良も、まだまだひよっこのままで終わる。
世良を「ジュノ」、高階講師を「クイーン」と呼ぶ、モンテカルロのエトワール・天城雪彦にツイていけない感はあるものの、天城が世良になにを伝えていくのか、さらに見所があるはずなので、こっちの続編も非常に気になる。
現・高階病院長も、まだまだトンガってます。
そして、なんとも初々しい桐生が、ほんのちょっとだけ登場します。
よみながら、海堂尊作品年表が欲しくなってきました。わっかんないわー
(2011.5月17日読了)

海堂尊

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2011/07/post-1992.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>