【ふがいない僕は空を見た】漥美澄

ふがいない僕は空を見た
ちょ、この書き出し、読むのやめよっかなーと思いながら、いつの間にかかじりついていた。しかも泣かされちゃったよー。
『この家で絶対死なせないわよ。パパが建てた家なのよ。優介と七菜を守るために、パパが死ぬ気で働いて建てたのよ』のセリフはツボにはまって、思い出すたびに泣けてしまう。このシーンで泣いてる斉藤くんはホントにいい奴だ。
正しいとか正しくないとか、優秀とかダメとか、結局そんなことで生きていけない。
ただただ必死なんだな、と思う。
田岡さんもとんでもなくヤバいけれど、私も福田くんだったら、田岡さんが寒い思いをしていませんようにと祈りたいと思う。
(2011.1月21日読了)

漥美澄

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2011/04/post-1963.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. トラックバック: soramove

    書籍「ふがいない僕は空を見た」何もかもうまくいくことなんかあり得ない

    「ふがいない僕は空を見た」★★★★
    窪 美澄 著 ,
    新潮社、2011/5/2、13版
    ( 232ページ , 1,470円)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>