【トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか】羽根田治

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか
低体温症と事故の教訓
大量遭難/証言/気象遭難/低体温症/運動生理学/ツアー登山
2009年7月16日・北海道大雪山系トムラウシ山でツアー登山中に起きた大量遭難について
様々な専門的な視点から、その過程と原因を検証している。
当時の報道では、ウェアなど装備の不備、風雨による濡れ、ツアー客の経験不足が大きな要因として取り上げられていた。しかし、これらの点に大きな不足がなかったことが、この本での取材によって明らかにされている。
大量遭難死に至る直接のきっかけとなった低体温症を引き起こしたのは、当初考えられていたものとは違う原因があった。
多くの報道で言われてたガイドの判断ミス、ツアー会社のスケジュール重視による無理な山行という要因は間違ってはいないが、先に挙げた誤った報道により、重要な点が見過ごされてしまっている。
これらの報道によって「自分は経験もあるし装備も充分だから関係ないだろう」と考えた人たちが、また同じような状況に陥ってしまうのではないかと思うと怖い。
低体温症は夏山でも短時間で進行し、あっという間に判断力を失うそうだ。そして重ね着をするなどの当たり前のことさえ出来なくなってしまう。山で体温が低くなってしまってからでは、取り返しがつかない。
低体温症の進行や原因は、自分が考えていたようなものではなかったことがショックだった。
「この事件は自分には関係がない」と思わずに、ひとりでも多くこの本を読む人が増えるようにと願います。
(2010.9月6日読了)

羽根田治

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2010/10/post-1932.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>