【オー!ファーザー】伊坂幸太郎

オー!ファーザー
高校生の由紀夫には4人の父親がいる。
義理の、ではない。4人とも自分こそが由紀夫の本当の父親だと信じている。
母ひとり子ひとり父4人の6人家族。家に友だちをよぶこともできやしない。
〈あとがき〉に、この本は第1期作品の最後にあたると書かれている。
第2期は【ゴールデンスランバー】以降になるのだそうだ。
明るくて軽妙な語り口と、勧善懲悪。4人の父親が楽しげに由紀夫のピンチを救う様子は
【陽気なギャング】たちを思わせる。
次々と事件が起こり、ラストに向かって伏線がキレイにひろわれていく。
ありえないでしょう、というアクションも笑える。
せっかく面白い父親たちが4人も登場したんだし、新しいタイプのホームドラマとして続編が出ても面白いかも。
(2010.8月20日読了)

伊坂幸太郎

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2010/09/post-1924.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>