【SOSの猿】伊坂幸太郎

SOSの猿
主人公の一人、家電量販店のエアコン売り場に勤める遠藤二郎は、副業で「悪魔祓い」をしている。人の不幸を放っておくことができない体質が、彼に「悪魔祓い」をするよう仕向けている。
もう一人の主人公、五十嵐真はシステムの欠陥の原因を突き止めることが仕事。エラーの原因がどんなに離れたところにあっても、徹底的に追っていく。
まるで関係のない2人が、奇妙な縁でつながっていく。
どういうわけか孫悟空のマボロシ(?)も絡んでくる。
荒唐無稽な人助けの話。
孫悟空は、無意識の底流で繋がる使命感の象徴…?
【あるキング】も無意識でつながる「なにか」がテーマだったような。
最後に二郎くんが「悪魔祓い」の師匠に送ったメール、
『エアコンは、誰かを救う。分かりやすいよね。それを僕は売る』。
なかなかシャレた救われ方をするラストだった。
(2010.6月26日読了)

伊坂幸太郎

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2010/07/post-1908.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. lazyMiki  

    たこさん、こんにちは。
    ワタクシ、最近ブログを移転し、エキサイトからFC2に移りました。
    HNは同じですが、ブログ名はちと変えました。
    でも、内容はほとんど変わってまへん。
    新しい方でも、またよろしくお願いします。
    なんか、「1Q84」と、この「SOS」あたりの伊坂作品の語り口が似て来てる気がするのでした。
    昨今の猛暑では、エアコンはまさに熱中症から人々を救っておりますよねぇ。

  2. シカフ  

    lazyMikiさん、今晩は。
    引っ越しお疲れ様でした。引っ越しは大変ですよね。
    ワタクシはたこΩにお任せしてしまったのですが・・・。
    「1Q84」も「SOSの猿」も読んではいないのですが、
    エアコンが人類を救っているのは事実だと思います。

  3. taco  

    lazyMikiさん、こんばんは!
    コメントありがとうございます〜
    伊坂氏のベクトル、村上春樹氏と共通しているのかも。
    お二人とも人気作家だし、意識されることはあるのでしょうかね?
    さて、シカフの言う通り、実はカラパニックも5月に引っ越しをしていたのです。
    サーバーを移転し、MTを3→4にバージョンアップ!!
    見た目もグレードアップ!(←したつもり)
    文字もひとまわり大きくしました!(老眼対策)
    lazyMikiさんのブログへもリンクをはらせていただいていたのですが、
    新しいブログへもリンクさせていただいてよろしいでしょうか?
    またよろしくお願いいたしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>