【1Q84 BOOK3】村上春樹

1Q84 BOOK3
衝撃のラストで終わるBOOK2。その先がどうなるのか、そもそもこの物語のテーマは何なのか、皆目分からないまま手に取ったBOOK3。
目次を見て、またまたビックリ。
脇役としか認識していなかった人物が、物語の中心にきています。 えー!!??
BOOK3は、意外な人物が主人公の仲間入りをしたことで、面白く読めました。(私としては)
世界はぐるりとまわり、思いもよらないところで繋がりを見せる。
肉体は失われても、彼の場所はそこにある。彼の物語は続いていく。
春夏秋…と続いてきた1Q84、冬はあるのか? そこも気になるところであります。
ネタばれになるといけないかと思い、あえてあらすじにはふれませんでしたが、
発行部数を考えると、なにを今更…という気もしています ^^;
(2010.4月24日読了)

村上春樹

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2010/05/post-1890.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>