【北帰行】佐々木譲

北帰行
ロシア人の出稼ぎ娼婦が、六本木のヤクザの組長に殺された。
その報復のためにロシアン・マフィアが送り込んだスナイパー、ターニャ・クリヤカワ。
旅行代理店の関口は、何も知らずに彼女をアテンドするはめになる。
組長を狙撃したターニャは、関口を巻き込んで、逃走。
ふたりを執拗に追いかける、ヤクザの子分・藤倉。
抗争を収めるため、事件を追う警視庁の寒河江。
東京から新潟、そして稚内へと、逃走劇は急展開していく。

ロシアときくと、期待値がぐーんとあがります。しかも佐々木譲。
けれど、この話は、期待のロシアの匂いはしても、濃度は薄め。
新潟のロシアン・コリアン・マフィアのソーバリがもっと活躍すれば嬉しかったかも。
稚内のロシアン・マフィアにも、もっと出てきてほしかった。
(2010.3月11日読了)

佐々木譲

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2010/04/post-1443.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>