【つばくろ越え】志水辰夫

つばくろ越え
江戸時代、流通が発達するにつれ、
従来の中継しながら物品を届ける飛脚のなかに、
密書、大金を運ぶ「通し飛脚」が登場した。
通し飛脚は、長距離を速く走り抜く足を持つことはもちろんのこと、
荷物を狙われることも多かったため、抜け目のなさも要求された。

つばくろ越え/出直し街道/ながい道草/彼岸の旅

4つの物語に登場する通し飛脚の仙造、元締めの勝五郎など、、、
いずれも人にいえない過去を持つ、ヒトクセある男たちである。
彼らが請け負う荷物もまた、ヒトクセフタクセあったりする。

ときに情が絡んで世話を焼くこともあるが、甘くない男の世界。
ちょっと甘い顔を見せるとコレかい、と思わせる「つばくろ越え」のラストにニヤリとしてしまいました。
(2009.2月24日読了)

志水辰夫

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2010/03/post-1449.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>