【暴雪圏】佐々木譲

暴雪圏
春を目の前にした3月。十勝平野の小さな町。午後からの爆弾低気圧到来の予報。
その朝、志茂別町駐在所勤務の川久保巡査部長に、町外れで遺体発見との一報が入る。
そして天候の悪化とともに、次々と発生する事件。
暴力団組長宅を襲った2人の強盗、不倫中のカップル、会社の金を横領した男、家出少女、、、
あらゆるものが雪に閉ざされていき、町外れのペンションに事情を抱えた人間たちが集約する。

手に汗握る感じでいっきに読んでしまった。ドキドキの展開の主人公は、雪と風。
朝から夕方になるにつれて猛威を増し、ついに戸外に出ることもできなくなる。
もちろん車も使えない。閉じ込められれば、凍死もまぬがれない。
そのなかで事件が進行していくので、ドキドキしてしまうのだ。うまいなあ、この設定。

志茂別町駐在所勤務・川久保巡査部長のシリーズ2冊目。
1冊目の【制服捜査】も予約入れました。
(2009.12月28日読了)

佐々木譲

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2010/02/post-1446.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>