【生還―山岳遭難からの救出】羽根田治

生還―山岳遭難からの救出
実話で、死亡という結末はつらい。生還というタイトルで、安心して読めました。

日帰り登山のはずが、17日間山を彷徨う、志賀/岩菅山の話もすごかったが、
この中で印象深かったのは、福島/飯森山での話。
あやふやな情報から、沢に向かって下山をしてしまうおじさん。
案内図に「沢コース」として書かれていた大桧沢は、本格的な沢登りのルート。 難所なのだ。もちろん一般ルートでもなく、下ることもできない。
苦戦を強いられながら、どうにか下ってゆくが、ついに下ることも登り返すこともできなくなる。 そこで救助を待つことを決め、ときどき現れる幻覚に悩まされながら、待ち続け…

この本の中でも、救出後、もう一度現場に戻って自分の行動を検証しようとする人と、それを拒む人が出てくる。
このおじさんは、検証しようとするタイプ。 おじさんは、遭難の翌年、飯森山沢開きに応募して現場にもどろうとしている。 命からがら還ってきた沢。 おじさんは、何を見て何を感じるんだろう。

慎重な人でも、ふとしたことから、抜けられなくなる山。
ひたすら生き延びることだけを信じる人たち。 もちろん運の良さもあるけれど、生きることに集中してゆく精神力がスゴい。 イザというとき、私もそんな火事場の馬鹿力を発揮できるのでしょうか…
(2009.10月25日読了)

羽根田治

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/11/post-1492.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>