【槍ヶ岳開山】新田次郎

槍ヶ岳開山
江戸時代後期、槍ヶ岳の開山に尽くした播隆上人の生涯。
米問屋の手代・若松は、愛妻・おはまとの幸せな生活を送っていたが、百姓一揆にまきこまれ、おはまを自身の手で過って殺してしまう。 間もなく一揆の荷担者として国を追われた若松は出家し、修行僧・播隆として、おはまの最期の姿に苦しめられながら、許しを請い続ける。 そして、いつしか槍ヶ岳の頂に、おはまの姿を求めて、苦しい登攀に挑むようになる。

播隆とともに出国した弥三郎が、播隆と奇妙な関わりを持ち続け、ただの英雄伝説に終わらない深みを出している。 金と色にばかり生きる弥三郎だが、彼の人生もまた、おはまと若松への償いに追われていたのだった。

播隆上人のおはまへの煩悩を生々しく描きながら、人物描写は無造作に筆をおいた絵のよう。
甘さを感じさせない歴史小説。 最近は、キャラクターを描きすぎて、甘口な歴史小説が多いけれど、やっぱり辛口はいい。
(2009.10月30日読了)

新田次郎

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/11/post-1491.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. トラックバック: とにーのブログ

    「槍ヶ岳開山」(新田次郎著 文春文庫)

    時代は江戸時代末期。
    富山の米問屋玉生屋久左衛門の手代である岩松は、一揆の時に過って妻である「おはま」を殺害してしまう。同じく手代で…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>