【終末のフール】伊坂幸太郎

終末のフール
5年前の大混乱が、ようやく落ち着いたかに思える「現在」。
仙台北部の団地。住人たち一人一人が、平凡で幸せな「今日」の意味を探り続けていた。

相方のシカフが、『通常では有り得ない事態の上に日常が乗っています。その事態が何かを、書いてはいけないと思うのです。』などというものですから、あらすじが書けません ^^;

終末のフール/太陽のシール/籠城のビール/冬眠のガール
鋼鉄のウール/天体のヨール/演劇のオール/深海のポール

8つの短編、それぞれに語り手たちがいます。
明日も分からない世界、いろいろなものを失ってきた彼ら。
mixiの「伊坂幸太郎」コミュに「終末のフールの中で好きな話」というトピがありますが、
選ばれた話は、どれが一番ということもなく、さまざまです。
読んだ人の人生が、反映されるということでしょうか。
わたしは、屋上に櫓を建てるお父さんが出てくる「深海のポール」かな。
「終末のフール」で魔物をやっつけにいく兄貴にも、泣かされました。

ボクサーの苗場の『あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?』
登場人物それぞれが、この問いかけの答えになっているようです。
(2009.7月14日読了)

リンク情報:
あまり見つからなかったのですが、「鋼鉄のウール」のボクサー・苗場さん、【砂漠】のボクサー・阿部薫と、モデルが同じようですね。

伊坂幸太郎

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/09/post-1523.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. シカフ  

    いえ、ワタクシの駄文など気せず、心の赴くままにお書き下さい。

  2. たこΩ  

    いや〜、せっかくなので、荒筋ナシとしてみました。
    それにしても、長い文章になっちゃたなあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>