【砂漠】伊坂幸太郎

砂漠
四月。大学1年生のクラスでの飲み会の席。
北村に声をかけてきた、ヤマセミのように髪を立たせた鳥井。
遅れてきて、場の空気を無視して演説を始めた、小太りの男・西嶋。
無表情なまま、クラスの男子に囲まれている長髪の美女・東堂。
そして、鳥井と中学の同級だったという、おっとりとした女の子・南…

この男3人女2人が、おかしな事件に巻き込まれながら、
お互いの距離を縮め、存在を認めあってゆく。
砂漠のような世間に出てゆく手前の、大学生活。つかの間のオアシス。

青春小説。伊坂作品にしては、ごく平凡な設定。
けれど、それぞれのキャラクターが面白く、彼らの成長に胸がじんわり熱くなる。
小太りの西嶋が、いいね。汗をかきかき、ガンバルところ、かわいかった。
西嶋が、自分を取り囲む世界に挑もうとする心意気、【魔王】のお兄さんとだぶります。
(2009.7月12日読了)

リンク情報:
西嶋が出会った家裁調査官として、【チルドレン】陣内or武藤。
ボクサー阿部薫は、【終末のフール】「鋼鉄のウール」のボクサーと同じモデルらしい。
ビルの警備員・古賀さんが、【ゴールデンスランバー】のヒトクセある入院患者かと思いましたが、名前が違いますね。…もしかしたら、偽名だったりして?

伊坂幸太郎

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/08/post-1537.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>