【夜をゆく飛行機】角田光代

夜をゆく飛行機
東京郊外のさびれかけた商店街にある、昔ながらの店「谷島酒店」。
父と母、四人娘の谷島家の、ターニングポイントの1年間。
仲良しだった叔母の死、祖母の入院、変わり者の次女の作家デビュー、、、
家族が失くしていくもの、いつの間にか変わってしまう日常が、
四女・里々子を通して、じれったく、優しく、騒々しく描かれる。

うまくいくことばかりじゃなく、失うものを思い切るのは難しく、
どこにでもいるような谷島家の人たちの風景が、自分のもののように感じられました。
独特の情景の切りとり方の巧さに、暖かな空気が流れていて、
ようやく読みたかった角田さんの文章に出会えた一冊です。
(2009.6月22日読了)

角田光代

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/07/post-1529.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>