【死神の精度】伊坂幸太郎

死神の精度
今、その人間が死ぬのは、妥当なのか。その調査ため、1週間派遣される死神たち。
主人公の死神・千葉が、仕事にやってくる間は、いつも雨が降り続く。
雨男、なのだ。
また、どういうわけか、死神たちは無類の音楽好きである。
死を前にした人間と付き合いながら、
人間界ならではの「ミュージック」を堪能する。
街のCDショップでは、ヘッドフォンを耳にした死神たちが佇む。

とても詩的な、連作短編小説。
雨の日曜日に「なんか読むものない?」と訊かれたら、
ぜひ、おすすめしたい一冊。
(2009.5月31日読了)

伊坂幸太郎

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/06/post-1561.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>