【重力ピエロ】伊坂幸太郎

重力ピエロ
市内で起きている連続放火と、壁に描かれた英文の落書きの間には、ルールがある。
弟の春から、事件の謎解きを持ちかけられた泉水。
放火と落書きに隠された、遺伝子の塩基配列。
事件の謎を追う泉水がみたものは…

知的でシャレた文章。 けれど、この小説のテーマは、じつに重い。。。
春は、サーカスのピエロのように、重力から自由になれたのかなあ。
結局、それは望めないのかもしれないけれど、
少しだけ、遺伝子の呪縛から、遠ざかることができたのではないだろうか。
… そうであってほしい。
(2009.6月4日読了)

オマケ(※ネタバレです。反転してどうぞ)
【死神の精度】で千葉と春が出会っています! しかも、これを先に読むと【重力ピエロ】の結末がわかってしまう〜 ←とはいえ、読んでいる間、私は気がつかなかったのですが…

伊坂幸太郎

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/06/post-1560.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>