【オーデュボンの祈り】伊坂幸太郎

オーデュボンの祈り
『胸の谷間にライターをはさんだバニーガールを追いかけて』… 夢から覚めると、
幕末以来下界との往来を拒んだ、仙台沖に浮かぶ「萩島」の、アパートの一室。
未来を見通すカカシの優午をはじめ、奇妙な人物ばかりが登場する。
これは、ルイス・キャロルのアリスの仙台版???

今夢中になって読んでいる伊坂幸太郎のデビュー作。
荒唐無稽な島の住人たちのストーリーが、「孤島」という設定が効いているためか、
意外と違和感なく読めてしまう。
果たして、カカシの優午は、本当に何もかも知り尽くして喋っていたのだろうか。
それとも、孤島の住人たちの幻に過ぎなかったのだろうか…。
「仙台」という現実と、行きつ戻りつしながら、不思議な謎解きを楽しませてくれる。
(2009.6月18日読了)

伊坂幸太郎

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/06/post-1526.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>