【非道、行ずべからず】松井今朝子

非道、行ずべからず
文化六年・正月興業の初日、火事の延焼により、江戸随一の芝居小屋・中村座が半焼。
焼け跡から、行李に入れられた男の死体が発見される。
身元不明の死体、下手人は一体誰なのか? その目的は?
おりしも人気女形・荻野沢之丞の名跡が兄弟で争われるなか、
芝居小屋の人々の間に疑心暗鬼が広がる。

歌舞伎研究家であり、ミステリー作家でもある松井今朝子氏。
直木賞受賞作の【吉原手引草】もよかったが、ミステリーの仕掛けは、
こちらの方が凝っている。 三部作ということで続きも楽しみ♪
結末は、さらりとした感じで、もっと突っ込んでほしい気もしたけれど、
このあっさり感が、江戸っぽさかな。

劇場主・十一代目中村勘三郎、還暦を過ぎてなお妖艶な女形、しゃっきりイケメンの裏方、オコゼ顔で情が厚い下っ端女形、、などなど、芝居小屋に群がる人間たちが面白い。
また、当時の芝居の脚本がどのように作られたのか、そばで見ているように分かり、
これがまた、オモシロかったです。
(2009.5月6日読了)

松井今朝子

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/05/post-1564.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>