【無法地帯】大倉崇裕

無法地帯
推定400万円、途方もない値段がついた30年前のプラモデル。
「幻の?」をめぐって、怪獣好きのヤクザ、コレクターの私立探偵、
モラル不在のオタクたちが争奪戦をくり広げる。

一般人には、はかりしれないオタクの世界観が、リアリティーたっぷりに語られます。
それもそのはず、作者の大倉氏自身が、筋金入りのマニア歴35年。
表紙の怪獣フィギュアは、作者自身の作品。
奥付でコレ↑を見つけた時は、ラストのどんでん返し以上に唸ってしまいました。
(2009.5月16日読了)

大倉崇裕

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/05/post-1558.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>