【対岸の彼女】角田光代

対岸の彼女
幼い娘との公園めぐり、なかなか人の輪に入っていくことができない小夜子は、
娘を保育園に預けて、働きに出ることを決めた。
ようやく採用が決まった会社の社長は、同い年の女性。
快活で奔放な女社長に惹かれる小夜子だったが、
彼女にも、人間関係で苦い経験をした過去があった。

身近な悩みを語る小説って、やっぱり苦手かも〜と思いながら読んだのですが、
ラストが良かったです。 あー大丈夫なんだね、とホッとしました。
(2009.5月11日読了)

角田光代

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/05/post-1557.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. ありびり  

    カクタの直木賞受賞作ですね。
    このころからのカクタは最後に救われる作品が多いですね。
    でも、最近はまた救われない作品書いてるみたいですので、気をつけて。

  2. たこΩ  

    ありびりさん、こんにちは〜
    この前読んだ【八日目の蝉】より、話題がぐっと身近だったので、
    読むのにエネルギーをつかいました^^;;
    次は【夜をゆく飛行機】あたりに行ってみようかと。
    最後まで救われない感じとは、どんなだろうかと気になりつつ…
    今度ナポリタン食べながら、そのへんの話、教えて〜♪

  3. ありびり  

    「夜をゆく飛行機」は大丈夫。救われます。面白い作品ですよぉ。
    ぜひぜひナポリタン食べながら、お話しましょ。
    二丁目でもいいわよ^^

  4. たこΩ  

    「夜をゆく飛行機」、楽しみ♪
    二丁目も、そろそろ行きたいねー。ママ、元気かしら?
    シカフ、よろしく!
    ありびりさんが見つけたナポの店も気になっているのよん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>