【子どものこころSOS】春日武彦

子どものこころSOS
最近ハマっている、精神科医・春日武彦氏。
【本当は不気味で怖ろしい自分探し】での子ども時代のエピソードから、
このタイトルが気になって、手に取りました。

この本を読んで悩める親御さんが解決の糸口を、、、というのはナシですかね。
読んでいると、子どもと精神科医の視点をいったりきたりしている。
春日氏のどことなくシニカルな部分が、学校やら塾やらで「○○しましょう、してください」と言われ続ける親のこころを癒してくれます。 親もいろいろですからね。
他の「教育書」では書かれていない、けれど皆が感じているんじゃないかということが、
あっさりと書かれています。
(2009.3月31日読了)

春日武彦

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/04/post-1577.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>