【似せ者】松井今朝子

似せ者
似せ者(にせもん) / 狛犬 / 鶴亀 / 心残して

江戸時代の歌舞伎を題材にとった短編集。
一世を風靡した役者と、その華やかさに翻弄される人の姿が、
絶妙な匙加減で描かれている。
表題作「似せ者」は、一代目坂田藤十郎亡き後、
京に連れてこられたそっくりさんの旅芸人、二代目藤十郎の話。
似せ者として生きることを望まれた彼が、手に入れたホンモノは…

「鶴亀」は、大阪の人気役者・嵐鶴助と、彼の我が儘に翻弄される興行師・亀八の話。
天才ゆえの天真爛漫さで周囲を振り回しながら、芸への執着から逃れられない鶴助。
ラストシーンでの亀八の行動が、無関心に装いながら、逆に鶴助に惚れ込みようを見せて、特に気に入ったシーンでした。
(2009.4月17日読了)

松井今朝子

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/04/post-1569.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>