【本当は不気味で怖ろしい自分探し】春日武彦

本当は不気味で怖ろしい自分探し
「自分の知らない自分」に出会う怖ろしさが、
作者自らの「自分探し」で明かされてゆく。

シカフのレビューで興味を持った【「狂い」の構造】から、
すっかり春日氏が気に入ってしまい、2冊目。
氏の子ども時代の体験や日常の出来事の中から、
狂気の片鱗ともとれる「知らない自分」の世界へと踏み込んでゆく。
章末に、氏の創作した短編小説も。

紙一重な私たち。。。
狂人の手前でとどまるために必要なのは、やはり「謙虚な心」のようです。
春日氏の子ども時代が、すごーく独特で面白そうだったので、
【こどものこころSOS】も読みたくなりました。 一体どんなSOS???
(2009.2月17日読了)

春日武彦

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/03/post-1585.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. やっぴー  

    こんばんは、お邪魔しますぅ☆
    おぉ、このカバーイラストがまたいいですね〜。
    うわぁ、想像するだに痛そうじゃ (^-^;
    正気と狂気は表裏一体紙一重ですもんね、
    何をもって正気とするかも疑問だし…深いわ。
    もっぱら、会社の書架を利用するので種類が限られるんですが
    心理学的なものも結構好きです (^-^)v

  2. たこΩ  

    やっぴーさん、こんばんは。 いらっしゃいませ!
    そうなんですよ〜 この方の本を読むと自分の「正気」が信じられなくなるというか…
    私も、心理学っぽいもの好きなんですが、
    これは、「自分」を掘り下げていくうちに、心理学を突き抜けて、ホラーになっちゃた、という感じの一冊です。
    会社の書庫、うらやましいです〜。 宝の山ですよね、きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>