【くらしっくミステリーワールド 第11巻 久生十蘭集】

黒い手帳/ハムレット/海豹島

久生十蘭は、戦後から昭和中期にかけ、ミステリーをはじめとする多岐にわたるジャンルで活躍した小説家。
私はこの作家を知らなかったのですが、去年読んだ有栖川有栖【壁抜け男の謎】倉阪鬼一郎【活字狂想曲】のなかで「黒い手帳」が絶賛されていて、読んでみたくなりました。

どこぞの貴族のように気品に満ちた文体、広汎な知識が滲み出て、格調高く紳士然としている。それでいて、どことなくグロテスク…
「黒い手帳」「ハムレット」の軽妙な語り口で意外な展開をみせるところが有栖川氏、
「海豹島」での主人公の不気味な妄想ぶりが、倉阪氏を連想させた。

今回、大きい活字で軽く読みましたが、次は本格的に読んでみたい。
それにしても、大きい字は目が楽でいいなー。 そういうトシになりました。
(2009.3月6日読了)

久生十蘭

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/03/post-1583.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>