【きつねのはなし】森見登美彦

きつねのはなし
疎水、竹林、奥に深い造りの家… 京都に潜む魔物があちらこちらで顔を覗かせる、
ちょっとホラーな四つの物語。
あいまいなオチが、物語の魔物をそのまま日常に溶けこませている。
魔物はどこの町でもいるような気がしますが、ここに登場する魔物は、いかにも千年を超えた町に棲むものらしい。

四つの物語は直接つながりはないけれど、胴の長い狐に似た魔物、小さな柿にとぐろをまく龍の根付などが、話の端々にひょっこり出てくることで、少しずつリンクしている。
森見氏の小説全体でも、ちょっとしたキーワードがつながっていくことで、摩訶不思議な京都を作り出していますね。

竹林に囲まれた、仄暗い古い屋敷の奥で、不思議な取引を重ねる天城氏の、
冷酷で寂しげなセリフが印象に残りました。
(2009.1月26日読了)

森見登美彦

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/02/post-1606.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>