【容疑者Xの献身】東野圭吾

容疑者Xの献身
生活のため高校教師に甘んずる天才数学者・石神。
彼の一途な片想いが作り上げた、あまりにも切ない完全犯罪のシナリオ。

緻密に練られたトリック。推理小説としての面白さは、最近では群を抜いている。
「人に解けない問題を作るのと、その問題を解くのとではどちらが難しいかー」
天才数学者・石神と、天才物理学者・湯川の見事な頭脳戦。
そのシナリオは、湯川が想像し得なかった、大きな犠牲の上で完成されていた。

ただ、登場人物に魅力が乏しく、石神の犯罪動機である「純愛」にもピンとこなかった。
同じ東野作品の【白夜行】【幻夜】では純愛を感じられたのですが。
ガリレオシリーズを読むのが、これが初めてだからでしょうか…?
(2008.12月27日読了)

東野圭吾

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2009/01/post-1608.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. シカフ  

    あ、この本まだ順番待ち〜。
    ガリレオシリーズは、TVドラマになる以前に数冊読みました。
    【百夜行】【幻夜】は、本の厚みが恐ろしくて読んでおりません。
    たこと全く別方向からのアプローチになるね。楽しみw

  2. たこΩ  

    ガリレオシリーズ、読んでたんだー。
    なんかねー、湯川が格好よすぎてどうなの?って思ったんだけれど、
    最後の最後まで意外な展開があって、楽しめました。
    シカフの感想、楽しみにしておるよ。
    【百夜行】【幻夜】 私のなかでは傑作です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>