【厭魅の如き憑くもの】三津田信三

厭魅の如き憑くもの
あらゆる辻に「カカシ様」が祀られる、伝説と因習に閉ざされた神々櫛村。
巫女の家筋である「黒の家」谺呀治家で次々と起こる不可解な殺人。
「憑き物」伝説を蒐集する目的で村にやってきた、怪奇幻想作家・刀城言耶が、
この事件の解明に挑む。

事件の起きた村の設定が凝っている。よく考え練られた作品。
ただ、ミステリーの部分が後手に回ってしまい、展開がまだるこしいのが残念。
「○○の如き○○もの」シリーズ、面白そうな予感はアリ。
(2008.12月21日読了)

三津田信三

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/12/post-1611.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>