【螺鈿迷宮】海堂尊

螺鈿迷宮
終末期医療の新しいシステムが注目を集める、碧翠院桜宮病院。
しかし、その病院には黒い噂が絶えなかった。
東城大学・医学部に通うも落第を繰り返す天馬大吉は、
幼なじみの新聞記者・別宮葉子にはめられ、桜宮病院にボランティアとして潜入。
医学への疑問がふっきれずにいた天馬が見たものは。。。

【ジェネラル・ルージュの凱旋】で黒い影をちらつかせた桜宮病院の正体が明かされる。
プロはその世界の負の部分にも関わるものだけれど、
医者は生死を扱うだけに、闇は深くて複雑…。
桜宮市の闇を背負う、桜宮厳雄院長。医療に対する真摯な覚悟、ホントにすごいぞ。
対峙する白鳥も圧倒されています。
田口先生も、ちょこっとですが、彼らしい役割で登場。
姫宮のへっぽこ看護士ぶりも楽しめます。患者として会いたくはないですが。
(2008.12月1日読了)

海堂尊

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/12/post-1605.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>