【活字狂想曲】倉阪鬼一郎

活字狂想曲
怪奇作家の長すぎた会社の日々

自らを現実不適応者といいながら、11年間校正者として会社勤めを続けた「暗坂」くんの記録。
駅のホームで昭和歌謡を口ずさんだり、頭の調子が悪くなって職場を凍らせたり、
焼き芋屋の「おいもちゃんだよっ!」にくらくらしたりしながら、日々を送る暗坂くん。
「俺は切れてるんだよ!」の名言も飛び出したりするけれど、根は非常にマジメ。
マジメでマトモなために、組織に馴染むことがない。

そういえば「一字一句も変えずにお願いします」と(エラソウに)念押しされた原稿の一行目が
『始めての方へ』-だったことがあったなぁ。(回想中)
「ちゃんとした原稿を作れないのか、バカ!」 ← 暗坂くん、その通り! 
(2008.10月27日読了)

シカフの【活字狂想曲】のレビューはこちら
ほんとに笑えたよ。倉阪氏、面白いね。

倉阪鬼一郎

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/11/post-1636.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. シカフ  

    でしょ。今年一番笑った本だよー。
    今年一番なんて、そんなこと言う時期になったね。もう十二月。。。

  2. たこΩ  

    シカフのツボ押しまくりだもんね、この本。
    私は【禍家】の少年が逃げまどうシーンで一番笑ったかな。
    それにしても、1年はやいなー。

  3. シカフ  

    それなら【死の影】も笑えるよ〜〜。

  4. たこΩ  

    じゃあ【死の影】もいってみよう。
    今、図書館にあった【怪奇十三夜】読んでる。わりと上品な短編集。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>