【東京奇譚集】村上春樹

東京奇譚集
最近手にとることがなかった、村上春樹。
短編集の「回転木馬のデッドヒート」 「中国行きのスロウ・ボート 」が好きだったし、
「東京」と「奇譚」の組み合わせにも、面白そうな予感がありました。
でも、これは、うーん…

あいまいな気分を淡々と描いて、何か重要なものに到達する、、、
村上ワールドに対する期待はそんな感じですが、これってかなり名人芸。
今回は上手く綱を渡りきれなかった印象が残りました。
「東京」という舞台もあまり活かされなかったような…

息子をサーフィン中の事故で失った母親が、その浜辺を何度も訪れる話、
「ハナレイ・ベイ」は、良かったな。
(2008.9月16日読了)

村上春樹

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/10/post-1693.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>