【ハルモニア】篠田節子

ハルモニア

「あなたの手で、天才を育ててみない」 -
臨床心理士の深谷から、そう持ちかけられたチェロ奏者の東野秀行は、
音に対して並外れた感覚をもつ少女、由希と出会う。
人間的な感情とは遠い、残酷さをむきだしにした由希の性格。
そして、彼女の持つ特殊な能力…。
真の音楽性を追求しようと由希の能力にのめりこみながら、東野は壊れていく-。

ホラーです。
でも、怖ろしいのは、ホラーっぽく演出された部分ではなく、
臨床心理士・深谷や東野の、由希のもつ能力や存在に執着していく欲望の方。

大山尚利の【揺りかごの上で】も、
ホラーっぽいところより、赤ん坊との穏やかな幸福にのめり込む主人公が怖かった。

何かに執着する人間より、怖いものはないってことか。 (2008.9月17日読了)

篠田節子

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/10/post-1692.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>