【ツインズ】嶽本野ばら

ツインズ
続・世界の終わりという名の雑貨店

図書館の棚で見つけて、
あの【世界の終わりという名の雑貨店】の続編があるぞ、と借りてきました。

「魂の双子」である彼女を失ったまま、無為な毎日を送っていた主人公の「僕」は、
彼女からの最後の手紙への返事を、残された力を振り絞って書き上げる。
その手紙の返事を出版社に送ったことがきっかけとなり、「僕」は東京に暮らしを移す。
ようやく落ち着いた日々を取り戻したかに見えた「僕」は、教会のバザーでひとりの少女と出会う。

Vivienne Westwoodで鎧った彼女を失ったときから、こうなる運命だったのでしょうか。
この作品での少女は、Jane Marpleのお洋服を着ることで、
わずかに残された生きる力を繋いでいるかのようでした。
(2008.10月3日読了)

嶽本野ばら

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/10/post-1662.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>