【夏の涯ての島】イアン・R・マクラウド

夏の涯ての島

第二次大戦前夜のイギリスをモチーフとした歴史改変小説「夏の涯ての島」、
他、未来世界を描いたSF作品などを含む7編の短編小説を収録。

かなり凝った趣向で構成された世界観をもつ作品群だけれど、
どこかぼんやりとした印象で、はっきりと理解しながら読み進めるのが難しい。
それが、この短編集の持ち味で、読み終わって感じる主人公の悲しみが、
緻密に描かれた風景画のように心に残る。

強烈な記憶とともにある「夏」と、喪失感の現在。
レイ・ブラッドベリを思わせる作風です。
秋の初めに読むには、なかなかでした。
(2008.9月3日読了)

イアン・R・マクラウド

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/09/post-1688.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>