【鹿男あをによし】万城目学

鹿男あをによし
『神無月だ。出番だよ、先生』
教師として赴任した奈良で、いきなり鹿から話しかけられる「先生」。
古代大和の歴史が絡んだファンタジー、一風変わった学園小説としても楽しめます。

ドラマでは、綾瀬はるかが「藤原先生」として、いい味を出していましたが、
原作では、「豆顔」の男性。 かりんとう好きは同様で、しかも小説の「かりんとう」は、
藤原先生の奥さんの手作り。 家で作れるんですね…!

一見ハチャメチャなコメディタッチの流れですが、
言葉を話す鹿の謎、大和時代から受け継がれる「目」など、しっかりした設定。
「卑弥呼」の存在にこだわり続ける「リチャード」など、人物の描写も確かです。
ドラマを先に見て、内容を知ってから読みましたが、充分に楽しめました。
(2008.8月20日読了)

【2008夏 奈良旅行記】
京都で森見登美彦めぐりをした次の日は、奈良に行きました。
修学旅行みたいですが、息子が「鹿男」のファンで、どーしても鹿が見たいと…

奈良の鹿は、悠々としていました。土産店の中にも平気で入っていっちゃったり。
ぼんやりしていると、話しかけられてしまいそうです。

ちょうど出産シーズンを終えたところで、小さな赤ちゃん鹿も。 うう、かわゆい。
右は春日大社で。出産を控えた雌鹿が、囲いに入り込んで、おみくじを食べています。
奈良では、やはり鹿は神の使いなのか、タブーはないようです。

作中に出てくる「黒塚古墳展示館」にも行ってみました。

なるほど、ここに隠せば三角縁神獣鏡も見つかりにくい。(これはドラマでのストーリー)

展示館の横には「黒塚山古墳」があります。
登って、なだらかな山並みを見渡すと、卑弥呼の時代につながる場所なのだと感じます。

次の日は一日かけて、興福寺・大仏殿・二月堂・春日大社などまわりました。
奈良は、京都と比べて、お寺や仏像も、どっしりとしています。
「古代」という時代を、しっかり抱えているからでしょうか。

ホテルで、ドラマ「鹿男あをによし」のロケ地を紹介するパンフレットをもらいました。
でも、あんまり回れなかったんですよね… 残念。。。

万城目学

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/09/post-1683.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. サミュエル  

    偏った読書嗜好なのでここはいろいろと参考になります。
    鹿男は全然わかりません。ドラマにもなってるんですね。
    それにしても夏の奈良、うらやまいです。秋頃行ければ
    いいなぁ。黒塚も行ったことありません。2年に一度は
    いってる勘定なのですが、回りきれていませんねぇ。

  2. たこΩ  

    「黒塚古墳」周辺は、江戸時代に陣屋もあったそうで、
    城下町らしさもあるいい町並みでした。
    奈良からJRで20分ほどですが、30分に1本しかないので、
    時刻表は要確認。
    「鹿男」の作中で「大和古道」自転車巡りをやっていて、
    これもやってみたかったんだよね。
    奈良方面、私もまた行きたいです〜

  3. lazyMiki  

    わはは、こんなパンフレットがあるなんてー。
    春日大社近辺の鹿って、大挙して来られるとちょっと怖いです。
    鹿せんべいって、ほんとに美味しいのかしら?
    (なんか、古新聞とか混ぜてありそうな気が・・・。)
    京都に比べ、交通手段の本数が少ないから、あらかじめかなり調べておかないとだめですよね。
    でなければレンタカーとか。
    まあ、つい先日出掛けた東北よりはいいかな・・・。
    私もトラバさせて頂きますね。

  4. トラックバック: ここから

    鹿男あをによし/万城目学

    ・・・おかげで、奈良公園の鹿にポッキーをあげる人が増えたりしなかったかしら?
    奈良というロケーション抜きにはあり得ない物語。
    それにしても万城目さ…

  5. たこΩ  

    鹿せんべい、食べてしまいました〜!
    素朴で悪くない味でしたが、何か混ぜてあっても不思議はないかも…;;
    山形の旅、ステキな写真でした。秋にふらっと東北もいいですね。東京近辺で暮らしていると10分後には電車が来るように思いがちで。。。そういう地方の電車の呑気さもまた良し、なのですが。
    この京都・奈良の旅の前に、新しいデジカメを買いました。なかなか使いこなせなくて、ちょっと残念な気持ちです。練習しなくては!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>