【女子の古本屋】岡崎 武志

女子の古本屋

古本屋というのは、長らく、「男の世界」だったそうだ。
理由としては、本というのは案外重いもので、力仕事が多いこと、
お客さんの大半が、男性であること、
日銭を稼ぐ商品が「エロ本」だったりして、店頭に女子がいると売れなかったりすること。

ところが、近年、その「男の世界」に、女子が進出し、
今までになかったサービスを提供したり、
価値を認められてこなかった種類の「古本」にスポットをあてたりして、
成功しているらしいのだ。

華々しいキャリアの末に、おしゃれで高感度の「古本屋」を開いた人、
自分には勤め人は無理だから…、とこつこつ続けている人、
仲間と和気あいあいとやっている人、ひとりで黙々とやっている人…
「古本屋」を開いたさまざま理由が、書かれていて面白かった。

「古本屋」の女子でなくても、人生色々だろうけれど、
やはり「古本」があることで、本好きの人には、楽しめる一冊だと思う。
「古本」は、「新刊書」よりも、愛がないと売れない商品だしね。

→筑摩書房のページにこの本で紹介されている「古本屋」のHPへのリンクがあります。
こちらも面白いので、ぜひ!

岡崎 武志

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/06/post-1729.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>