【星を継ぐもの】ジェイムズ・P・ホーガン

星を継ぐもの

月面の窪みにある洞窟で、5万年前に死亡したと推定される人間が発見される。
彼は一体どこから来たのか?

ラストのスケールの大きさに、ただただ圧倒されます。

かなり固い読み口ながら、登場人物たちは魅力的。
前半で語られる主人公ハント博士の生い立ち、生まれたスラム街から、
その頭脳を武器に、迷うことなく新しい世界へ飛び込んでいく生き様が、
ラストで明かされる「ホモ・サピエンス」という種の歴史そのものに重なっていく。
物理学・生物学などなど、理系の説明満載の謎解き部分は、
正直私には、辛かったのですが、
最後に体験できる空間の壮大さに、痺れました。

推薦してくれたOさん、ありがとう。 この本に出会えて、ラッキーでした。

ジェイムズ・P・ホーガン

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/06/post-1706.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. サミュエル  

    あぁ、懐かしい・・・です。良いSFでした。かなり昔に読んだので
    内容はうろ覚えですが。次が「ガニメデの優しい巨人」だったで
    しょうか。たしか三部作ですね。三作目は面白かったけど普通
    だったような・・・このてのハードSFで印象的だったのは
    ロバート・L・フォワードの「竜の卵」などです。この頃は数を
    読まなくなりましたが、最近ではスティーブン・グールドの
    「ジャンパー」「ジャンパー グリフィンの物語」読みました。
    青春もので読みやすかったです。ヘイデン・クリステンセン主演で
    映画になったのですがスクリーンでは見そびれたのでDVD待ちです。

  2. たこΩ  

    この本が出た頃って、SF黄金期でしたよね。
    この頃、サミュエルさんが「火星のプリンセスシリーズ」にはまっていたのを、懐かしく思い出しました!
    「ジャンパー」はノーマークだったのですが、見た人がオモシロイ!と言ってたので、私もレンタル開始をまっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>