【[新釈] 走れメロス 他四篇】森見登美彦

[新釈]走れメロス 他四篇

近代文学の名作から、森見氏が得たイメージを再構築した、5編。
読む前は、パロディかと思っていましたが、「新釈」に値する作品群。

「山月記」 「藪の中」 「桜の森の満開の下」は、かなり作品世界に忠実で、
「走れメロス」 「百物語」 は、新たな解釈を加えることで、作品のテーマが一層はっきりしている。
… と、まあ、これは私の感想で、そんなことないよーという人もいらっしゃることでしょう。

「走れメロス」(太宰治の方)は、コメディなんだろーなーと思って読んでましたが、
森見氏新釈版は、あー友情だなー、と素直な気持ちで読めました。
メロスの心の変化も、原作にかなり忠実に再現しています。

「百物語」 森鴎外の原作を読んだところ、「孤独な男」の名前が、「飾磨」なので、驚きました。
(【太陽の塔】で、「これはオレのゴンドラ」の名セリフを吐く、主人公のトモダチが、飾磨)
森見氏の新釈では、少し怪談風のオチをつけて、原作より分かりやすくなっています。
この本のなかでは、この話が一番好きだな。

全部で6人の極小・森見氏ファンクラブ?はこちら↓
日本ブログ村内小説家、森見登美彦トラックバックコミュニティ

森見登美彦

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/05/post-1761.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. トラックバック: ここから

    【新釈】走れメロス 他四篇/森見登美彦

    ここのところ、万城目、森見、お二方の本の話題で、自分のとこや、他の方のブログにお邪魔してお喋りすることがしばしば。
    それはとぉ〓っても楽しいんだけど、こ…

  2. lazyMiki  

    たこさんお久しぶりです。
    最近、この本読みました。
    「走れメロス」、「いー加減にしてよー」と脱力しつつも、面白がって読みました。
    このどうしようもないアホぶりが魅力かと・・・。
    原典を読んでないものがあるので、読んでおこうと思いました。

  3. たこΩ  

    lazyMikiさん、こんにちは!
    「走れメロス」 lazyMikiがレビューの中でも書かれていた、
    「俺の親友が、そう簡単に約束を守ると思うなよ」
    このセリフ、もーホントにおバカで大好きです♪
    私も、今回初めて原典を読んだものが多かったのですが、
    「桜の森〜」は、かなり驚きました。
    「百物語」は、これを読まなかったら、一生知らなかったでしょう。
    作家さんは、さすがに読書量が違いますね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>