【猿丸幻視行】井沢元彦

猿丸幻視行

千年の時を経て、猿丸一族が隠し通してきた伝説の歌人「猿丸太夫」の真実の姿。
歌の中に暗号として隠されてきた秘密に、若き日の折口信夫が迫る。

「おく山に もみぢふみわけ なく鹿の こゑきく時ぞ 秋はかなしき」
「いろはにほへとちりぬるを…」のいろは歌。
誰もが知っている二つの歌を端緒に、謎解きが展開されていく。
「歴史の真実」「隠された暗号」 …このうたい文句に弱い人にはタマラナイ内容。

この小説の基は梅原猛「水底の歌」・篠原央憲「いろは歌の謎」だそうだ。 ←読みたい!!

井沢元彦

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/03/post-1801.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>