【有頂天家族】森見登美彦

有頂天家族

京都を舞台とした、森見ワールド炸裂ファンタジー。
洛中の人間は、実は、化けた狸と天狗との三つ巴なのだというところから、物語は始まる。

平安より、糺ノ森で営々と続く、狸の一家・下鴨家。
その父・下鴨総一郎は、3年前の年の暮れ、狸鍋の具となって、この世を去る。
残された息子4匹のうち、三男「矢三郎」が主人公。

父を鍋にして喰ってしまった人間たち、
妖艶な美女にして、空を駆ける半天狗「弁天」、
エロ親父のごとく、「弁天」を追いかける、天狗の「赤玉先生」、
仇敵のイトコにして、マヌケな狸の兄弟「金閣・銀閣」、
その妹にして矢三郎の元許婚「海星」は、
姿を見せずに、矢三郎を罵倒し、窮地を救い、またさんざん罵倒する、、、

役者はそろった! ラストに向けて繰り広げられる、とんでもないドタバタ劇。
狸たちの痛快な活躍に、拍手拍手。

森見登美彦

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/03/post-1800.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>