【ミシン】嶽本野ばら

ミシン

どういう経緯でか、嶽本野ばらを読む。
【世界の終わりという名の雑貨店】、表題の【ミシン】 収録。

【世界の終わりという名の雑貨店】は、面白かった。
蕎麦饅頭を食べて死んでしまう、雑貨店の入っている雑居ビルのオーナー。
このオーナーの息子が、蕎麦饅頭の製造元から、ビルを建て替えるお金をもらったことで、
【世界の終わり】雑貨店は終わりを告げ、純愛駆け落ちドラマが始まる。
ヒロインの女の子が、人生の転機を得るVIVIENNE WESTWOODとの出会いのきっかけも、
パパの好きな、丁稚羊羹。
さりげない、和菓子繋がりのギャグが、ゴスロリ系純愛小説の中でスパイスを利かせている。

【ミシン】も、同じようにギャグを利かせようとしているけれど、いまいち、パンチが無かった。

ゴスロリ系純愛小説は、妙なギャグが光っているかどうかが、成否を分ける。
、と思う。

嶽本野ばら

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/03/post-1788.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>